超音波探傷検査(UT)

非破壊検査分野において、最も新しく、最もユニークな検査方法は《超音波検査》です。
超音波検査には、目的の異なる二つの検査方法があります。

● 超音波探傷検査 UT

この検査方法は、検査対象物に超音波を入射させ、そのエコーを液晶面に表し、内部の欠陥を見つけます。

※公益社団法人 建設荷役車両安全技術協会(略称 建荷協(けんにきょう))の特定自主検査において実施するコンクリートポンプ車の超音波探傷検査も行なっております。


● 超音波厚さ測定 UTM

この検査方法も同じ原理を用い、検査対象物の厚さをデジタル表示して測定します。
特徴としては、厚さを片側から測定できることが可能で、主に各種容器や配管等の磨耗・腐食調査に有効です。

配管底部自動超音波探傷検査(1ch)

配管底部自動超音波探傷検査(1ch)


鉄骨第三者受け入れ検査

鉄骨第三者受け入れ検査

鉄筋圧接部超音波検査状況(弊社UT室)

鉄筋圧接部超音波検査状況(弊社UT室)


タンク底部肉厚集中測定状況

タンク底部肉厚集中測定状況


コンクリートポンプ車の超音波探傷検査

コンクリートポンプ車の超音波探傷検査


 
▲このページのトップヘ